伊達宗興

陽之助にトラウマを植え付けた義理の兄

「お前なんか、生まれてこやんかったら良かったんや」

性別:男性
年齢:43歳
生年月日:文政7(1824)年4月20日 星座:牡牛座
身長:174.5cm 体重:69kg
血液型:A型
出身地:日本 紀州藩(現在の和歌山県)
所属:乱桜華
元の時代:幕末

『涙色の夢路(ゆめ)』のサブキャラクター。紀州藩士で、陸奥陽之助の義兄。
冷酷非情で厳格だが、無精ヒゲの似合う男前。自分にも他人にも厳しい性格。紀州伊達家の当主であることに、誇りと責任を強く感じている。病弱な陽之助に対して、精神的虐待に近いほどの厳しさで接しているのはその為。
紀州藩士・成田弥三右衛門の5男。陽之助の父である伊達宗広の養嗣子となり、後に家督を譲られる。
趣味は盆栽。

登場作品

小説