平重盛

「父上は分かっておられぬ。以仁王様あっての我らだというのに」